東京都若者社会参加応援事業 「社会への一歩をふみだす若者を応援します。」

文字サイズ変更

サイト共通メニューをスキップして本文へ

ここから本文です

支援団体/支援員の方へ

セミナー・説明会の詳細についてご案内いたします。

訪問相談講座

セミナーチラシ
チラシPDF

 ひきこもり等の状態にある若者への支援として、自宅等への「訪問支援」は非常に重要とされていますが、来所型の相談・面談とは異なる側面があり、支援者には慎重な配慮と実践的なノウハウが求められます。本講座は、3日間のプログラムとなっており、1日目は訪問相談についての講義を通して、2日目と3日目はロールプレイや施設見学を通して学びます。

※1日目の講義のみの参加も可能です。この機会にぜひご参加ください。

お申し込み

【締切】2017/9/20(水)

対象・参加費・会場

  • 対 象:都内に活動拠点がある(予定も含む)、ひきこもり等の若者やそのご家族を支援するNPO法人や行政機関等の支援員の方・代表者等の方
  • 参加費:無料
  • 会場:
    [講義]お茶の水女子大学(東京メトロ丸の内線 茗荷谷駅徒歩7分)
    [実践]青少年自立援助センター(JR青梅線福生駅徒歩15分)

セミナー日程・講師

  日時 会場 セミナー詳細
1日目
講義
平成29年
9月29日(金)
18:00~20:00
お茶の水女子大学 [講師] 榎本竹伸氏
(一般社団法人とちぎ青少年自立援助センター調布センターたけのこ代表理事)
[定員] 40名
「訪問相談・支援」について、自宅から一歩を踏み出すことが困難な若者にどのように働きかけ、 社会とのつながりを回復するのかという、難しい初期段階の支援について解説します。
2・3日目
実践
平成29年
12月2日(土)
12月9日(土)
9:00~17:00
青少年自立援助センター [実践指導] 河野久忠氏
(特定非営利活動法人青少年自立援助センター常務理事)
[定員] 8名
(講義及び実践両日可能な方のみ。お申込み多数の場合は選考になります。)
「訪問支援」の実績をもつNPO法人青少年自立援助センターのノウハウに基づき、ロールプレイや施設見学を通して、ひきこもり等の状態にある若者への訪問支援による対応の仕方を具体的に習得していただくことを目的としています。
お申し込み

【締切】2017/9/20(水)

ここから関連サイトへのリンクです

支援団体・支援者の方